母になったけどコスプレがやめられません!

2015年生まれの息子を持つ1児の母。コスプレがやめられません。

【コスプレあいうえお】か行

今日も今日とてコスプレのお話です。

今日はコスプレあいうえお、「か」行!

 

f:id:anakonda69:20180301183101j:plain

か:省みて、振り向いて、立ち止まって、それでも今、私は

マギ/紅玉

 

紅玉姫めっっっっちゃ好きなんです。一番好き。

ついでに言うと最初はアリババくんとのカプいいね~~~~!って言っていたのですが、最後のほうの展開で見事にアラジンとのカプにすっ転びました。もっとくれ。

 

紅玉姫ね、最初は凶悪顔の悪役でナニヤッテンダオメー、って感じだったのですが、シンドリア王国に一人で乗り込み、友情に触れ、そして最後には一国の王として立つその姿に本当に胸打たれました。

特に、同盟を離脱する時にシンドバッドに向かって言ったあの一言。

「ありがとうシンドバッド様」。

 

シンドバッドという人物があそこまでルフの統一(という名の自分一人が支配する世界を作り上げる)に傾いてしまったのは、自分の国の崩壊や、大切な人との別れや、裏切りが彼の心を蝕んだからでした。

そして紅玉は、そんなシンドバッドに利用され、自分の国を壊してしまったと苦しんで、彼を憎んでいた。

人を憎む、という点ではシンドバッドも紅玉も一緒でした。

それでも紅玉は、前を見て、国を見て、一緒にいてくれる友や臣下を見て、王として「ありがとう」とシンドバッドに礼を言いました。シンドバッドを許したんですね~~~~。

アリババくんや、マギのアラジンではなく、ただの一人の女の子の紅玉がこれをした。

…からシンドバッドはショックを受けて(そういった直接の描写はなかったですけど)、ルフの統一へとどんどこ更に進んでいってしまったのかな~と個人的に思いました。

シンドバッドができなかったことを、一人の女の子ができちゃったんだもんなぁ。そらショックよなぁ…。

 

まあとにかく、私の中で紅玉はとても強い女の子です。人を許すことのできる、優しくて強い女の子です。

もうめっちゃ好き~~~~~~~~アラジンと結婚してくれ~~~~~!!

 

 

f:id:anakonda69:20180301184138j:plain

き:君をずっとずっと愛してる。

MHA/緑谷引子

 

ママンの愛は不滅です。

 

 

f:id:anakonda69:20180301184230j:plain

く:口先だけの約束なんて

うみねこのなく頃に/ベアトリーチェ

 

文字入れの感じ、これもすごい好き!(自画自賛

ベアトリーチェにとって約束とは命や誇りよりも大切なものだったので、それをさらっと忘れちゃうバトラホントにおめー…となりますが、それでもベアバトが好きな私です…。

十八さんが実はベアトでは?という考察がすごい好きです。夢見させてくれ~。

 

 

f:id:anakonda69:20180301184457j:plain

 

け:限界まで走れば、すべて守れると思っていた

FF6/ティナ

 

これ多分シャドウ救えなかったティナの言葉よね…と自分で書いていて思いました。

重たい…。

 

FF6だけではないのですが、こういうRPGゲームで、どうやっても救えない仲間がいたり、どうやってもいなくなってしまうキャラがいるっていうのは、子供心に「自分ではどうしようもできないものが世界にはある」という軽い絶望感を与えられましたね…。

アニメや漫画と違って、自分の手で動かすゲームだから、余計にそれを感じられるのかも。それでもその切なさがとてもよい。

 

 

こ:この身を捧げれば、世界も救えると信じていた

FF6/セリス

 

モデルが私ではないので、ツイートの埋め込みでご紹介。

これは上のティナと対応してる感じです。

セリスはティナに比べたら自己犠牲精神薄いんだけど、それでもどこか自分の命とか気持ちに投げやりになってるところとかあるので、こんな文になりました。

ヒーローは世界救えればいいや、みたいなところあるよね~~ダメゼッタイ生きて帰ってきて!てなる派です。

 

 

次はさ行しますね!またね!