母になったけどコスプレがやめられません!

2015年生まれの息子を持つ1児の母。コスプレがやめられません。

ツイッターで両親がオタクかどうか聞いてみた

先日、ツイッターでこんな質問をしてみました。
(結果のネタバレを防ぐためスクショです)

 

 

f:id:anakonda69:20161112181448j:image

①両親共にオタクのサラブレッド

②オタクと一般人の混血種

③両親共に一般人の突然変異


聞いてみようと思ったきっかけは、息子とプリキュアを見ていて、そういやこんなにガチオタの両親を持った息子はオタクになるんかな、ならないのかな…と思ったからです。
まぁそこを発端として、今の世の中両親共にオタクの人ってどのぐらいいるんだろ〜〜という、完全なる興味本位で質問してみました。

期間は3日。
質問文は上の通り、友達が「いやお前んちの息子はサラブレッドだろ…」と言っていたのが面白かったので、そこから流用してみました。

そして結果がこちら。どん!!

 

 


総票数 550票!!!


圧倒的一位!!!
両親共に一般人の突然変異種オタク!!!!
(73% 401票)

二位!!!
一般人とオタクの混血種オタク!!!!
(17% 93票)

三位
両親共にオタクのサラブレッドオタク!!!!
(7% 38票)

(票数は計算して、小数点以下を切り捨てています)


いや〜〜〜〜もうスタート時点からずっと突然変異がぶっちぎりでした。
まさかこんなに差が出るとは思わなかったのでびっくりしてます。
そして2位3位は、200票ぐらい入ったあたりで差がつき始めてきました。

もうすごいよね、今生息しているオタクってほとんどが突然変異なんだ……すげーよ……。


3日あったので、ドキドキしながら見守っていたのですが、なんというか、マジで両親の影響って関係ないんだな〜〜と思いました。

いや、サラブレッドの人もいらっしゃるので多少なりとも関係はあるんですが、それでも両親共にオタクではない人たちから、こんなにもたくさんオタクが生まれてるんでしょ??凄くない??

この結果を見て、すごい色々考えました。

子供の頃って、家の影響って、凄い大きいって思っちゃうんですが、そんなことないよ〜〜と言いたい。
だって現に、父母のこととは関係なしに、こうやって楽しくオタクやってる人たちがたくさんいるっていうことを、今回の結果が証明してくれたから。
これは別にオタク活動に限らず、色んなことに言えると思います。
全てが全てそうじゃないけど、家のこととか、学校のこととか、友達のこととか、仕事のこととか、環境のこととか、そういうの一旦置いといて、人は自分の好きなものを貫くことができるんだよ、っていうことを、私は今回の結果からひしひしと感じたのです。
なんかすごい勇気もらえるわ〜〜〜って元気になりました。

私は、自分の実家に縛られてずるずるの子供時代を過ごしてきたという負い目があるのですが、それでもこうして楽しくオタクとして開花してるし、なんだ悪いことばかりじゃなかったんじゃんよ〜〜って思いました。
私は私で、オタクであることで家に対して反抗してたのかな〜〜オタクであることをやめなくてよかったな〜〜中高生の受験になってもジャンプを買い続けた自分サンキュー!


あともう一つ、親になった自分が思ったこと。
子供って、親に関係なく自分の好きなことを見つけられるすごい存在だな〜〜って思いました。
だから子供の成長で色々思うことはあるかもしれないけど、自分たちのせいで…とか、自分たちのために……とかおこがましいことは思わずに、子供の成長を見守る存在でありたいな、とも思いました。
落ち込まなくていい、押し付けなくていい、子供は自分とは違う存在で、自分と違う人生を歩んでいく。
それでいいのだ〜〜!!✌︎✌︎


と、なんか最初の趣旨とは違うことをガンガン感じましたが、自分にとってはとっても有意義でした。
改めまして投票、拡散して下さった方々に感謝です。
こんなにたくさん票が入ると思わなかったので、とってもとっても嬉しかったです!!

ただ、フォロワーさんもおっしゃっていたのですが、これまた数年後にやったら結果変わるよな〜〜と思いました。
今みたいにオタクになりやすい?環境で今現在生まれつつある子らが大きくなった時……その時はこの結果が逆転するのかもしれません。
それはそれで、親と子が好きなものの話をできる、楽しい未来だな〜〜と思うのです。

まぁその結果は、また10年後、20年後、30年後とかに聞いていきたいな〜〜。
それまで持ってくれ……!ツイッター……!!


まぁうちの息子に関しては、特に勧めたりせず、隠したりせずなすがままにしようと思います。
オタクになろうがパリピになろうが自由に生きてくれ〜〜〜!!!!
母ちゃんは、君が幸せでいればそれでいいのです!!!


おしまい!