母になったけどコスプレがやめられません!

2015年生まれの息子を持つ1児の母。コスプレがやめられません。

ヒロアカ11巻 親と教師の気持ちについて考えたら止まらなくなった話

最近僕のヒーローアカデミアが大好きなんですが、最新刊の11巻があまりに辛すぎて色々と書きました。
ネタバレしかしていませんよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントもう、辛い。
萌えが広がりすぎて爆発して粉々に砕け散るぐらい辛い。
辛すぎていっそ菩薩になるレベル。

いやもうホント萌えが突き抜けると語彙力って死ぬんだなって思ったのですが、とりあえず瀕死の語彙力で色々書いてみました。

 

いやもうさ〜〜〜〜〜すごくない???
今回11巻読みながらめっちゃ泣いて涙が止まらなくて大変なことになりました。

 

今回すごく感じたのが「大人たちが頑張っている」ことでした。
母として教師として子供を守る。
それができない、できなかった状況で親たち教師たちはなにを考えるか?というリアルがこれでもかと書き込まれていて泣くしかねぇ。

 

少年漫画の親や教師なんて、設定ガバガバで、子供がスゲーカッコいい活躍したら怒るけど、最終取り敢えず褒めときゃいいんだよ!みたいな風潮(私の偏見です)を見事に覆した……。
なんだこれ凄すぎでしょ…。

 

もうね、デクのお母さん、すごい。
あそこまで母としての感情を出し切った母親はすごい。
モンスターと呼ばれてもいいと言った母。
いろんな気持ちがないまぜになって、でもただ思うのは、子供の安寧と幸せ。
出久に幸せになってほしいだけなんです、っていう言葉。
重い…重いよお母さん……。

 

子供の幸せって、親にとっては自分の幸せ以上に大事で、でも子供の幸せと親の幸せってイコールではなくて、それを思いつつもそう言葉に出しちゃうぐらい思いつめてたんだな……。
でも最後にはオールマイトの心を知り、息子の心を聞き、折れたお母さん。
本当はイヤなんだよ、と言いながら、でも自分と息子の幸せはイコールではないと分かっているから、「これが出久にとっての幸せなんだよね」と言える。
ああ〜〜〜〜〜〜なんてできたお母さん。泣ける。

 

……だけじゃなくてオールマイトの生存、命すら願っちゃうんだもんな〜〜〜!!!強い、強いよお母さん。
書いてて涙が……。

 

相澤先生の言葉もさ…なんてすごいんだと思ったよ…。

ああやって結果いいことになった生徒たちを、あそこまで諌められる?普通?
私は無理…。
でもするんだよ、大人だから、それに何より先生だから。
そういう姿勢に私は感動した……。

 

ほんでさ〜〜〜梅雨ちゃんは子供だけど、その立場から、諌めてくれてるんだよ〜〜〜〜!!
でも本人も大人たちみたいにうまく言葉にできないから、ああやって苦しんでさ〜〜〜〜!!
でも泣きながら言った言葉はきっとみんなに伝わってるから、ホントもういい子過ぎて泣ける。

 

まぁ最後の梅雨ちゃんは子供ですが、今まで漫画であまり描かれることのなかった親や教師が諌める、っていうのがたくさん描かれていて、もう泣くしかなかったよね…。

 

私は今どちらかというと、相澤先生やデクくんのお母さんの目線で読んでいるので、本当に本当に願うのは、この子達よ幸せであれ…ということだけです。

 

お願いだよ子供たち、大人は本当に、心の底からあなたたちの幸せを願っているんだよ。

あなたたちが思うよりずっと深く、重くあなたたちのことを考えているんだよ。

 

でも願わくば、そんな大人の重い思いなど気づかずに、生きてほしい。

 

そして、私たちが守れない時に、立ち迎える、立ち上がれる強さを持って生きていってほしい。

 

そう思うから、私たちは子供を諌めなくてはいけないのだ。
守るのと同じように、助けるのと同じように。

 

 

とまぁなんか最後真面目に書いたけどもうホント11巻最高でした……ありがとうございます……。
この世界にこの漫画があることに感謝……。


 

僕のヒーローアカデミア 11 [ 堀越 耕平 ]

価格:432円
(2016/11/5 23:45時点)
感想(0件)