母になったけどコスプレがやめられません!

2015年生まれの息子を持つ1児の母。コスプレがやめられません。

封神演義アニメ見た話と、癒される漫画の話

昨日、ブログのアップは月曜日になりま~すとか言ってましたが、時間の余裕が出来たので、予約投稿しております。

 

封神演義、アニメ化になりましたね~~!

えっ再アニメ化…?ナンノコトカワタシワカラナイヨ…。でも前のアニメのOPは名曲。

 

先日やっとそのアニメを見られたので、感想にもなっていない感想4コマです。

f:id:anakonda69:20180118155612j:plain

f:id:anakonda69:20180118155635j:plain

f:id:anakonda69:20180118155652j:plain

f:id:anakonda69:20180118155704j:plain

 

結論:元気になってから二話以降は見ます。

 

いや、キャラが動いてる~~~しゃべってる~~~!フゥ~~~~~!!というようにテンションは上がったのですが、ホント以前感想で見かけた「ファンの見る走馬灯」という表現がしっくりくるような内容でした…。

「あっあそこもカット…えっまさかのアノ人も…!?えっそしてもうここまでくるの…!?」というように心がざわざわしてしまい、見た後とても疲れました。

仙界大戦まで話持って行くなら、仙界大戦から始めても良かったんじゃないかな…。

既存のファンも、新規で見よ~と言っている人も、どちらの人も「???」となってしまう一話のように感じました…。

二話に期待!でも私はもう少しこう…溜めてから見るね…。

 

封神演義アニメは逆にHPが削られてしまいましたが、自分のペースで読める漫画は、落ち込んだ時とかに読んで、癒されておりました。

特に、最近本当に無気力で、ぼ~っとすることしかできねぇ…となっていたのですが、息子がテレビとか見てくれている間、自分の息抜きに、買った漫画を繰り返し読んでいました。

それがこちら。

 

しをちゃんとぼく 1 (ヤングジャンプコミックス)

しをちゃんとぼく 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

「しをちゃんとぼく」!!

 

これもうほんと癒される…。2018年一番の漫画…。(まだ今年始まったばかり)

不老不死の「しをちゃん」と、小学生の「ぼく」との心温まるショートギャグ漫画となっております。

基本ふふっと笑えて、たまにつんと来るような優しい気持ちになる話もあり、本当に面白いです。面白いです。(語彙力はない)

もう私が何を言うより多分読んでいただいたほうが早いので、よければこちらからどうぞ。

tonarinoyj.jp

1~3話まで試し読み出来ちゃう!すごいぞとなりのヤングジャンプ

でも私の好きなちかもとさんはまだ出てきていないので、良かったら一巻を買って読もう!!持ってるだけでハッピーになれるよ~!(壷か)

 

おしまい!

 

 

ツイッターと私の話

今日はツイッターと私の話です。

この話、書こうか書くまいか悩んでいたのですが、結果的には書いてよかったな…となりました。

 

f:id:anakonda69:20180118123608j:plain

f:id:anakonda69:20180118123620j:plain

f:id:anakonda69:20180118123633j:plain

f:id:anakonda69:20180118123646j:plain

f:id:anakonda69:20180118123659j:plain

 

書いていて思ったのですが、

思ったよりヘビーな話だったね!?

 

というか、自分でもこれを書くまで、「なんで帰省してからずっと鬱々としてるんだろう?」「何で無気力になったんだろう?」「なんでツイッター見るのがしんどいんだろう?」と、よく分かっていなかったのですが、書いていてやっと分かったような気がします。

 

なるほどね~根本にある母親とのあれやこれが尾を引いてたのね~~。

 

母親とはかれこれ20年以上、あまり関係がよくありません。

母と会うたびにしんどくなり、帰省の度に体調を崩しています。

で、やっと数年前にその理由が分かったのですが、

私、多分母親と基本的に性格が合わないんだわ~~~!!

こう…世の中苦手な人ってどうしてもいるじゃん?私の場合、それがたまたま母親だったんだわ~~~!!

…と、気づいてからは少しは楽になりました。苦手な性格の人ならしゃーない。

 

こうして毎日色々書いていると、色々気づけて、そのたびに少しずつ浮上したり楽になったりしているので、何かに出すのって大事だなあとしみじみしています。

 

おとといからこのブログを書きつつ、「もういっそネット全部断ち切っちゃえば?」と自分の中の何かが囁いていたのですが、その度に

「うるせ~~~~!!!体調が悪い時にゲロ吐くとスッキリするだろォオオオ!?!?それと一緒だよ!!気持ち悪い気持ち、全部吐いてスッキリする自己満足の場なんだよココはァアアアアアアアアア!!!!!」

って自分の中の杉田智和が叫んでいたので、まあそういうことです。

 

自分の中でツイッターは社交場、ブログはおうち…みたいな感覚なんでしょうね。

 

明日は旦那が休みなので、息子と三人ででかけます~!ブログまた月曜日に~!

 

 

おしまい!

運命に任せた話

こんにちは~アナコンダです。

今朝、息子を保育園に連れて行こうとした時の話です。

 

f:id:anakonda69:20180117124056j:plain

f:id:anakonda69:20180117124340j:plain

f:id:anakonda69:20180117124351j:plain

もしこれで「行かない」という結果になっても、それはそれで「運命だもんねー!」と割り切って楽しく休めたと思います。

 

もし旦那が「どうすんの?俺は仕事だから行くわ~」と先に行ってしまったら、一人でしくしく泣いてどうすることも出来なかったと思います。

ありがとう旦那!!

 

毎回毎回こうする、ということではなくて、たまに自分で決められないことがあった時に、誰かや、何かに頼ってもいいんじゃないかな、と改めて感じた出来事でした。

モブサイコ100で、モブが自分で戦わず、師匠に「代わりに戦ってもらう」という選択をしたように、自分以外の何かを頼るのって、必要なんだなあと思います。

モブサイコ面白いよね…連載お疲れ様でした!

師匠が一番好きです!!

 

おしまい

落ち込んでいる時の話

はいどうもアナコンダです~遅くなりましたけどあけましておめでとうございます。

息子がユーチューブをひたすら見ているので、よく分からないおもちゃ紹介のユーチューバーのモノマネが上手くなりました。

 

そして生まれて初めてエッセイ4コマを書いてみました。

(テンションがいつもと全然違います)

f:id:anakonda69:20180116120537j:plain

f:id:anakonda69:20180116120551j:plain

f:id:anakonda69:20180116120603j:plain

f:id:anakonda69:20180116120620j:plain

 

そんな感じで鬱々と腐っておりました。

実家から帰省してからずーっと。

 

でも不思議なことに、上記のこの漫画書いてたらちょっと元気になりました。

いやだって、見てくださいよこのヤバさ。

「こいつ、ヤベーやつだな!?」

って我ながら思って、

「こんなにヤベーなら、ちょっとぐらい休んだり、自分の好きなことしたってバチ当たらないな」と思って楽になったのです。

 

家に子供と二人でいても、何もしてあげられなくて、

なんてひどい母親なんだろうと、

でも体が動かなくて、ぼーっと息子を眺めることしかできなくて、

かといってどこか痛いとか、苦しいとかそういうのではなくて、

本当にただただ、体が重たくてしんどくて。

 

いろんな人の言葉とかを見るのもしんどくて、ツイッターも封~~~印!してます。

ツイッターでいろんな人が○○した!○○行った!とか活動的なのを見るのがちょっとオラ今しんどいんだ。

ツイッターで一日に流れてくる情報量は江戸時代の人間の一生分なんだろ~~~!?!?オラちょっと今休みてえんだチチさ!(適当なモノマネ)

 

ほんでは、今日はこのままちょっとゆっくり休むよ~~!!またね!

 

おしまい!!

ポロっと出てきた高校時代の話

メモ帳整理していたら、高校時代の思い出の話が出てきたのでこちらにアップいたしますね。

多分なんかのエッセイの賞に応募した名残だと思います。

厨二病から脱しきれない方々に向けて、どうぞ。

 

 

 

いつでも高校生活最後を過ごした教室に戻れる。記憶の中で、光の加減や、窓から見えるグラウンドの景色まで覚えている。
私は別に、そんなに学校が好きではなかった。勉強を楽しいと思ったことはないし、友達もそこそこいたけれど、一生を共にする親友は出来なかった。部活は夢中になったけど、今はあの大切にしていた技術や知識を、全く使わずに生きている。
自分の中に閉じこもって、死にたいと泣いたことは一度や二度ではないし、学校に行きたくなくて休んだ日も何日もあった。
それでも、私は卒業式の日の、朝の教室を覚えている。
忘れてはならない、と必死に覚えたからだ。
私は朝早いバスで登校していた。もちろん、いつも一番に教室に着く。
学校は好きになれなかったけど、その誰もいない教室は、心地よかった。
教室は数年前に建て替えられたぴかぴかのもので、ドアは優しい薄い茶色。丸い窓が開いている。机も綺麗だけれど、いくつかにはもう傷がついている。黒板はとても大きい。その前にある教卓は、今は誰もおらずしんと佇む。
今日が卒業式だから、ほとんどの机やロッカーは空っぽだ。
大きな窓からは、グラウンドが見える。誰もいない。良い天気だったから、光が教室の中に入ってくる。そのきらきらした光が、とても好きだった。
電気を点けない教室で、その光を見ることが出来るのは一番に来た私だけだった。
もうここに来ることは二度とない。
だから私はこの情景を必死に覚えた。
10年経った今でも、心を静かにすればその教室に帰って来られるように。
好きではなかったけれど、帰る場所でもないけれど、私が確かにいた場所だから。
勉強の内容や、友達の顔、先生の名前は忘れても、あの日の教室のことは忘れないだろう。そして、たまに私はそこに行くだろう。
私の人生の中で、私を育んできた場所。教室はその一つだ。たくさんある中のたった一つだけれど、私はこの記憶を手放さない。
いつか、自分が死ぬ時、もし走馬灯というものを見るのなら、きっとあの教室にも私はまた立つのだろう。
その日がなぜか、少しだけ待ち遠しいのだ。

FGOをクリアした話

本日無事にFGOの終章までクリアしまして、多少放心しながらこちらの記事を書いております。

色々言いたいこととか、思ったことがぶわーーーーっとあるので、ちょっとクリアまでの流れを振り返りたいな…と思います。

 

ネタバレしかないので、クリアしてない人はまだ見ちゃダメですよ!!!!!

 

 

 

 

序章

ほ〜〜なるほどこれがFGOね〜〜〜へ〜〜ほ〜〜〜後輩ちゃん暗いなぁ……(仕方がない)

マリー所長ツンデレやけどかわいいやんけ!なるほどなぁ〜〜話難しいけど面白いなぁ〜〜〜
って言ってたらマリー所長死んだ〜〜〜〜〜!!!悲しみ〜〜〜〜〜!!!

 

一章
フランス!ジャンヌかわいい!
そして私のカルデアには一番最初の召喚から、マリーアントワネットちゃんがいるからすごい嬉しい!
自分のカルデアにおる子がストーリーにも出てくるのは嬉しいですな〜(^^)
とか言ってたらマリーちゃん………おぉ……………
このゲーム大丈夫?心のダメージそこそこでかいけど大丈夫????やっていける私???
あと最後のプレゼントで来るのが君かぁ〜〜〜!!きよひーーー!!こえーよ!!!

 

二章
マリー…マリーちゃん……(まだ一章を引きずっている)
と思ったらネロたま来たーー!ヒュー!!
これが噂に聞くアルトリア顔ですね!はい可愛いです!!!
感想以上!

 

この辺で、星4のサーヴァントが一人もらえるキャンペーンをしていたので、ネロたまに来て頂きました!ヒュー!かわいい!

 

三章
もともとアステリオスくんかわいい〜〜!と頑張って育てていたので、すごい楽しみな章でありました。わくわく!
と思ったら金髪……金髪テメェ絶対に許さない。
地の果てまでも追いかけて殺しつくす………
という衝撃を受けた三章でした…
あとはね、ひたすらドレイク船長カッコいいー!黒髭いいキャラ!
ということでせこせこ黒髭を育てております…まぁマリーちゃんとオジマンに種火食われてるんですけど……
アステリオスくんは、ワイデアでエウリュアレちゃんとよしよし仲良くしております

 

そしてこの辺でハロウィンイベントが始まり、見事にロビンフッドさんにハートを射抜かれる私。人生初itunesカード購入したよね思わず。

 

f:id:anakonda69:20171206175604j:image

捧げものも用意したら……

 

f:id:anakonda69:20171206175652p:image


そして来た!!!!はい!!!推し!!!!カッコいい!!!!!!

この辺はひたすら「ロビンかっこいい」botと化していました。ロビンカッコいい

 

四章
ロンドン!楽しみ!と思ってたのですが、話長いね!?
この辺からちょっとストーリークリアに必死さが滲み出て参りました…!
推しの作家組が出てきて楽しかったです!

 

五章
f:id:anakonda69:20171206175812p:image

俺の!!!!推しが出てきた〜〜〜〜〜!!!!
と思ったら一瞬でクリアしていました
推しのパワーしゅごい

 

六章
基本酔っ払いながらプレイしていました
そして酔いのままに石を!!砕きながら!!!話を進める!!!!
ホントガウェインさんに殺意 円卓ゆるすまじ
ここで初めてまっっっったく勝てなくて心が折れました
弓の金鯖おらんと無理…みんな強くしなきゃ…って言ってたらイシュタル様!!来ました!!!!!ありがとうございます!!!!!

引いた息子もありがとうございます!!!!!!

 

f:id:anakonda69:20171206175923j:image

イシュタルを引き当てた息子(2歳)

 

六章はホント石砕きながらギリギリ勝つ感じがたまらなかった…辛い……でも俺の後輩がかわいい……あとストーリーで号泣したよね……

すごい個人的な話なんですが、私アグラヴェインさん………好き……………

溢れ出るあのマルチェロ感、そしてサイファー感…………

周りを顧みず、自分さえも顧みず、自分の信じたものをひたすら信じ抜いてボロボロになってる姿………うん………好き…………

彼は最後の最後に幸せになったと信じています

 

七章
また強いんやろ〜〜!とビクビクしていましたが、六章をクリアした私の敵では!!なかった!!いえい!!
あとこの七章プレイしてるときに王様がワイデアにいらっしゃったのでありがとうございますーーー!!ってなりました
あと話でまた泣いた もうホント……ホント………ってなる

 

終章
そして今日ついに終章クリア……
ここも大変だったのですが、何よりホント、話が………もうホンマに号泣止まらなかったし、ホントにホントに辛くて苦しくて、でもみんな立ち上がっててホントにホントにごめんね、ありがとうってなりました

 

今、充実感と虚無感でいっぱいです

救えたものも多かったけど、
喪ったものも多すぎて、
それでもボロボロになりながら立ち続ける強さ

 

 

空が青いんだよなぁ〜〜〜〜〜!!またこれがさ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!(大の字)

 

 

うまく言葉に出来ませんが、色々なものに感謝をしつつ、色々なものに心を引きずられつつ、それでもクリアできて良かったな〜〜と思います

 

でもホント、マスターの心はボロボロよ!!!!!ホントに!!!!

 

1.5章色々ありますが、ちょっとしばらく種火集めとかみんな育てたりしてまったりプレイしていきたいなぁと思ってます!
はやく来い来いクリスマス!!(それも本命)

 

 

おしまい!

子育てが辛かった話

また酔っ払いながら書いております。
酔っ払うと完全に陽気になる楽しい酒飲みタイプなので、昔から酔うと筆が進みます。そして次の日に読んで絶望するところまでワンセットです。あるある〜〜〜。

 

今日ツイッターで、とある育児ブログが炎上しているのを見て、自分自身が息子を産んだ直後に感じたことを思い出しました。
私がね〜〜〜息子を産んだ時は、もうめっっちゃ大変でした!

 

子供を産むってだけですげ〜〜〜大変なのに、まだこれ以上積む?ってぐらいいろんな事が起こってくるので、ホント引くほど落ち込んでいました。

そんな時に言われた一言。

「新生児の子育てが、一番楽やで〜」

という、なんの気ない、先輩母の一言。

 

え、この今の状態が一番楽なら、一体これからどうなってしまうの。
今でさえこんなに落ち込んでるのに、これ以上大変になるって、ほんとどうすればいいの。

 

新生児って大変なんだよ。
突然死とか怖い出来事の情報だけがたくさんあって、よく寝てても突然起きて息を確かめたり、お腹が息で上下してるのを触ってやっと安心したりとか。
産んだ直後で自分の体もボロボロで、身体中が痛いのにさらにおっぱいが千切れそうになりながら授乳したりとか。
寝てたと思ったら速攻起きて自分のご飯が食べられなかったりとか、かと思うと夜中全く寝なくて、一晩中起きてたりとかザラで。

 

私は特に、かなり気ままに生きてきた部類の人間で、なかなか「自分以外の誰か」の生活に歩調を合わせるのがとても大変でした。
ついでに言うと産後直後、自分の母親と揉めに揉めて、「母親」という概念がよく分からなくなってしまってメンタル面も最悪でした。

そんな中、「今が一番楽やで〜」って言われたら、そら絶望するでしょうよ〜〜〜〜!!!


今、その息子も2歳になって、母親歴2年になった私が、その時の私に一言伝えられるなら。

 

「大丈夫、今が一番しんどい時やで。ちょっとマシになるから、安心しな」


と、伝えてあげたい。


今、2歳の息子。

よく食べます。ついでに言うと、一人で食べてる時もあります。
あの頃みたいに血眼になっておっぱいを口に突っ込み、足りなくてミルクを足してマーライオンになる、みたいな日々はありません。

 

夜になると寝ます。だいたい朝まで寝ます。
2〜3時間おきで起きて泣いて、その度におっぱいをあげミルクを作ってあげという地獄のデスロードはもうありません。
夜泣きはいつかマシになる。頑張れ。

 

もう昔みたいに息を確認しなくても、彼自身が、生きていると全身で教えてくれます。
毎日笑って泣いて怒って喋って、全身で気持ちを表してくれます。
私を抱きしめてくれます。
私にチューしてくれます。
私のことを、好きだと言って照れてくれます。


ただただこの子がどうかしにませんようにと、毎日泣きながら祈る事は無くなりました。
私は本当に新生児の生まれたての息子が、すぐに神様の元へ帰ってしまわないように、本当に本当に毎日祈っていました。

 

今ももちろん、息子が元気でいつまでもいつまでも生きられますようにと祈っています。
でもあの頃のような深い絶望は、だいぶ薄くなったように思います。


これから先多分山のようにたいへんなことがあるんだろうなぁと、子育てしていると思いますが、それでもあのどこまでも落ちていくような絶望を思い出すと、「あああの時は本当に辛かったなぁ、頑張っていたな私」と思うのです。

でもあの絶望があるから、今こうして毎日ドタバタと頑張って立っていられるわけで、きっとあの毎日泣いていた日々も、必要だったのだと、そう思って、今日も私は、立ち上がれるのです。

 

まぁ何が言いたいかもちゃもちゃして来た気がしますが…とにかく子育ては大変で、でも一番大変かなんてその当事者しかわからんのだからあんまり外から色々言ってくれるなや〜〜!ってこと…かな…。

ほかの人の子育てなんてよう口出せんわぁ〜〜!自分の子育てのことで精一杯だわぁ〜〜〜!!!!

多分声を一言かけるなら、

 

「よく頑張ってるね」

 

それしか言えないと思う。

みんなみんな頑張ってるよ〜〜〜!!!

 

 


おしまい!